企業理念

オーレの企業理念は、「人の役に立つ企業」です。

 たくさんの人と協力して成長していく中で、一部の人が自分中心の行動をしてしまうと、さまざまな問題が発生してしまいます。その予防のために、私たちは「他の人のために自分ができることは何だろう」と主体的に考えることを大切にしています。
 そうすることで「協力する基礎」が出来上がり、とても良い人間関係を長期的に維持できると考えています。
 これは当社とお客様だけでなく、会社と社員、そして外部の業者との関係においてもあてはまります。このような考え方が、「人の役に立つ企業」という、企業理念が作られた私たちの想いなのです。

オーレでは、この企業理念を浸透させるために、行動方針を設定し、全従業員が共有しています。

私たちの信頼の基礎となる「行動方針」

感動を与える努力をする 常に挑戦し、失敗を成果とする 自ら能力を伸ばす努力をする 感動を与える努力をする 常に挑戦し、失敗を成果とする 自ら能力を伸ばす努力をする
1 主体性を発揮する

「主体性を発揮して行動する」とは、自分で状況判断を行い、自らの責任で行動します。自分の行動・態度・気分は、自分で決めます。自分で行動した結果を環境や他人のせいにしません。見守ってくれる人がそばにいなくても、自分から進んで正しい行動を行います。

2 目的を持って始める

私たちは、会社を支える重要な存在として、私たちのビジョン(理想の姿)・ミッション(役割)に貢献します。そのために、事前に計画や目標を立てて、目的に合った意味ある行動をします。

3 重要事項を優先する

最も重要なことを理解し、自分の時間を優先的に使い、効果のほとんどないことにノーと言います。優先順位を決め、スケジュールを組んで、計画を実行します。自制心を発揮し、みんなと協力して行動します。

4 Win-Winを考える

私たちは、お互いに信頼関係を築くために努力を行います。そして、勇気を出して自分が欲しいものを手に入れるだけでなく、他人の願望も考えます。意見が対立した時は、お互いにメリットのある第3の案を模索します。

5 理解してから理解される

私たちは、まず相手の目を見て、相手の考えや気持ちに耳を傾けます。自分の立場から聴くのではなく、相手の立場に立って、話を予測せずに最後まで聴きます。相手を理解した上で、自信を持って、自分の意見を発言します。

6 相乗効果を創り出す

他人の個性や長所を認め、自分も身につける努力をします。考え方の異なる人とも尊重し合い、他人と協力し合います。自分だけで行動するより、他人と協力する方が、効率的であると認識し、問題解決の際は他人の意見を求めます。常に謙虚さを忘れず、行動します。

7 刃を研ぐことを忘れない

自分の体・心・知性・人間関係を大切にし、自らのパフォーマンスを維持するために、努力をします。職場だけでなく、日頃からいろいろな方法・場所で学び、4つのバランスを取って、いつも新しい自分でいることを忘れない。

  • 大判出力事業部
  • デザイン事業部
ページTOPへ